ブログネタ
医療情報 に参加中!
reoreo
8月8日、北海道銀行主催?の北大病院陽子線治療セミナーに行ってきました。なぜ道銀が主催かというと、保険の窓口をやっているのでその関係のようです。

北大の陽子線治療が8月1日から先進医療として認められたので、先進医療保証付きの保険に入りましょう的な?感じなのかな。

私が北大の陽子線治療に興味をもった理由はこちら

さて、本題ですが、セミナーは陽子線治療センターのセンター長、白土教授が陽子線治療についての説明をしてくれました。陽子線治療は副作用が少なく、広範囲(30×40cmまで)の照射も可能だそうです。また、がんなどで変形したりしたものが陽子線治療で元の形に戻るのだとか

北大の陽子線治療は動体追跡技術がウリ。スポットスキャン陽子線治療も国内では北大と名古屋のみ。動体追跡は国内では北大のみ、今現在は世界でも3つの病院でしか受けられないとのこと。動体追跡は呼吸などによって動くタイプのがんに有効なのだそうです

どんな人が陽子線治療の対象になるかというと4つの適応条件(がんの近くに主要臓器がある、がんが大きい、これまでに放射線治療を受けていて云々・・・、光子線治療を受けると毒性が増加するなど)をクリアしなければ受けられないそうです。

そしてさらに適応疾患があるわけです。

北海道大学病院陽子線治療センター

しかし、ステージⅣの全身に何個も転移したがんなどの治療は無理かもと言ってました。

この治療を受けられるかどうか確認したい方はHPから問い合わせをしてみてくださいとのことでした。それで受けられそうだということになったら、現在の主治医に紹介状を書いてもらっていく形になるそうです。

3月に治療を開始し、現在11名の治療を行ったそうですが、治療例で肉腫の方の話をされていました。

ユーイング肉腫と軟骨肉腫の方ですが、1回あたり30分から1時間くらいの治療ですむそうでいずれも外来治療だったそうです。ユーイング肉腫の方は4週間16回、軟骨肉腫の方は7週間28回で治療が終わった(すみません、定かでなくて間違ってるかも)ということでした。

がんの骨転移で麻痺が生じた場合、有効だとも言ってました。

費用は動体追跡なしで放射線照射30回した場合に約240万円と、国内ではリーズナブルな方みたいですよ。動体追跡をつけたらだいたい他と同じくらいになると言ってたので280万円とか300万円とかそんなくらいなのかな?

外科手術ができないと言われた時には受けたい治療になるのだと思いますが、果たして治療を受けられるまでどれだけ時間がかかるか気になる所ではあります。

ブログランキング・にほんブログ村へ